琉球びんがた事業協同組合。沖縄の伝統工芸「紅型(びんがた)」の無形文化財保全・工芸発展に努めています。

琉球びんがた事業協同組合 TEL:098-862-5594

お問合わせ

琉球びんがた 経済産業大臣指定伝統的工芸品

琉球びんがたとは? Bingata

琉球びんがたができるまで  How to make Ryukyu Bingata

琉球びんがたは、いくつもの色を使う紅型と、藍一色でそめる藍型の二つに大きく分けられます。それぞれに、型紙を使う型染と、手で模様を描く筒引きの二種類の 技法があります。着尺、帯、風呂敷など、用途によって使い分けれています。 細かな図案の型紙を彫ったり、模様のひとつひとつに顔料を差したりと、どの作業にも集中力と細心の注意が必要です。 模様の部分を先に染めてから地を染めます。

There are two different methods of dyeing to make Ryukyu bingata. One of them uses various colors, the other uses only one -indigo blue- on different shades. There are also two distinctive ways of decorating the cloth. One is called pattern dyeing, the other uses hand-drawn pictures, and is called "tsutsubiki" Although bingata is used for kimonos and obis, it is also often used in decorative table cloths, wrapping, purses and so on. Carving the design or pattern requires very high skills in both dyeing the pattern and the pictures.

1. 型彫り  Pattern Carving

型紙には白地型と染地型の二種類があります。型紙になる渋紙に、直接模様を描くか、または型紙に描いた下絵をはりつけます。細かい模様の部分から彫り始めます。 彫り上がった型紙は紗張りをします。

A design is made either by drawing the design straight on a white cloth mask or carving out with a small knife the parts of the designs to be colored on the mask.

2. 型附け(カタチケ)  Pattern Placed

型附け(カタチケ)には防染糊が用いられる。型紙は一枚型紙を用い、布面に型紙を置き、その上から防染糊をヘラでしごく方法を型附けという。 型紙の彫り落とされた部分に糊が施され、生地に模様が施される。

The mask is then placed on the cloth, and water resistant glue made of soybeans and rice is pasted over the pattern by using spatula which the cut design shows up on the cloth.

3. 色差し(配色)  Coloration

差し刷毛で模様に色を塗ります。顔料に豆汁(ごじる)という大豆の汁を混ぜ合わせて色を作ります。暖色系から寒色系へという順序で差していきます。

The design is colored with light colors by using soybean based pigments. The coloring must start from bright color to dark color.

4. 刷り込み(2度ずり)  Second Layer

顔料は定着しにくいので、もう一度差し刷毛で差し、しっかり刷り込みます。刷り込み刷毛には、女性の髪の毛が使われています。

The colors are strengthened and made more vivid with a second layer. A special brush made of woman's hair is used. Gradetions and accents are added on the edges of the pattern to create the three-dimensional effect that is the typical mark of bingata.

5. 隅取り(ぼかし)  Kumatori

模様の部分に隅取りという、ぼかし染を施すのが原則です。この隅取りの技法は図案全体を引きしめて、遠近感や立体感を盛り上げるのに役立っています。

6. 糊伏せ  Applying the glue

地を染める前に、模様の上に防染糊をつけます。

The pattern is pasted over with glue leaving background white.

7. 地染め  Dye of Background Designs

藍染めは藍壺につけ、地染は刷毛で染料を塗って染めます。幅の広い刷毛を使います。

The background color is applied by immersing the cloth into dye.

8. 水洗い  Immersed in Water

生地についた余分な染料、顔料、防染糊を洗い落とします。乾かして完成です。

The cloth is then immersed in water repeatedly until the glue comes off completely exposing the bright and vibrant colors of bingata.

9. 仕上げ  Completion

完成。

The process is complete in about seven days

児童生徒に対する伝統的工芸教育事業
経済産業大臣指定伝統的工芸品 沖縄県無形文化財指定 琉球びんがた

アクセス access

琉球びんがた事業協同組合
〒900-0016 沖縄県那覇市前島1-11-12
TEL 098-862-5594
FAX 098-917-6066

page-top